熟女とのアナルプレイにはまる男とお尻フェチの違い

最終更新日


結婚して8年、今では嫁との夜の営みも全く無い。こっちが迫っても嫁は完全拒否。こんな状況なのだから嫁には内緒で風俗に通うようになったのも仕方ないことだ。しかも、尻フェチな俺は大きめ美尻をした人妻が3度のメシよりも好きなのである。今回も巨尻な熟女のお尻を触ったり、顔を埋めたり、アナルを舐めたり、淫らな行為をしまくるぞ!

と、気合十分で人妻デリヘルにTEL。尻フェチな俺がリクエストしたのはヒップのサイズが90cm以上の巨尻な熟女。するとピッタリな女性がいるとか。しかも、その女性はリアルな人妻で、アナル舐めが大の得意らしい。尻フェチな俺は即決でその熟女をお願いすることに。この時点で俺のアナルがすでに疼き始めていたのだった。

俺には嫁がいるので自宅に呼ぶ訳にもいかず、安いラブホテルに入り、待機することにした。尻フェチを豪語している俺だが、やはり若い女性のヒップよりも、人妻や熟女の少し垂れかけた大きめのヒップが好きなのだ。先ほど電話した時に、今から来る女性はアナル舐めが得意と言っていたが、尻穴を舐められるのも好きだが、逆に舐める方も好きなのだ。特に人妻や熟女といった熟した女性の、周りに毛の生えたようなアナルを舐めることに興奮してしまう…そう、俺は変態系の尻フェチだと言えるだろう。

そんなことをつぶやいてたら、その熟女が俺の部屋に派遣されてきた。ズバリ、尻フェチな俺のリクエスト通り!ぽっちゃりした、あんこ型の体型は巨乳で巨尻という人妻だ。いいじゃないか!このボリューミーなボディがそそられる。顔は美形と言うより可愛い系。タレ目なタヌキ顔で俺好みのキュートなルックスだ。俺は瞬時に思った「今すぐにでも、この熟女のアナルを舐めたい!」と。しかし、その思いを抑え、会話を楽しむことに。と、ここで意外な事実を知ることになる。ナント、こちらの人妻さん、オプションでAF(アナルファ○ク)が可能なんだとか。変態系尻フェチの俺は是非!とお願いしたいところだったが、お金が無かったので今回は断念…。次回は絶対にAFのオプションを頼もう!

こうして尻フェチな俺と巨尻な人妻との淫らなプレイがスタート。まずは俺が彼女のケツの穴をじっくり拝見。恥ずかしそうな仕草を見せるウブい熟女がいい!そして彼女のアナルに舌を入れる勢いでベロベロに舐めた。ケツ穴を舐められ悶えるヤラしい人妻である。そのお返しにと、今度は俺が四つん這いにさせられ、アナル舐めをしてもらうことに。さすがは熟女、抜群のテクで、ケツ穴を舐めながらサオをシゴく技を披露。鳥肌が立つほどの快感だ!その後も尻フェチな俺は彼女のヒップを使った素股や、ヒップを触りながらフェラしてもらったりと、色んなプレイを満喫しながらフィニッシュを迎えた。

人妻のヒップが大好きな尻フェチの俺が熟女とアナルの舐め合いなどのエロプレイで気持ちよく昇天させてもらった。今度はお金を貯めて彼女と、あのオプションを楽しもうと思った。